2021年1月6日

宮司挨拶


 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は新型コロナウイルスが流行して大変な一年となりました。本社においても神事は斎行させていただいたものの、付随する神賑行事は悉く中止となりました。本来、地域に活気を与える祭りが、そうでなくなったのは残念なことです。年末には変異種が確認され、年が明けても首都圏に非常事態宣言が発出されようとしています。まだまだ続くコロナ過です。マスク着用など予防対策を怠ることなく、この国難を乗り切りましょう。
 さて、今年は丑年。「丑」という文字は、手の指を曲げて物を握る様子を表した象形文字で、「つかむ」「からむ」という意味があり、芽が種子の内部で伸びきらない状態を表しているとされています。十二支は、もともと植物が循環する様子を表していて、子年に蒔いた種が芽を出して成長する時期とされています。
 本社ではこれまで、一部の氏子さんを対象に「神社セミナー」を開催し、神社にまつわる歴史や文化について学びを深めてきました。今年はその対象を広げたり、五條文化博物館にて「狛犬展」を開催したりする計画を立てています。コロナの感染状況により、どこまで実施できるか分かりませんが、丑年にあやかって一歩前進したいと考えています。
 皆様の御健康を御祈念申し上げ、新年の挨拶と致します。
                               御霊神社本宮 宮司 藤井利夫